TEX-25A

使用温度範囲:+70℃~+200℃
ヒーター出力: 2.5kW  外形寸法: 405×692×811Hmm

温水循環機も製作いたします。

高い温度域で装置を恒温したい場合は温水循環機が最適です。
チラーと言えば低温で冷却のイメージが強いのですが、高い温度(例えば+50℃ぐらいの温度)で装置を温度調節するには、やや低い温度の水を循環させる必要があります。
成形機、半導体製造装置、空調機器などへの温水循環などにお使いいただけます。
最近ではポテトチップスの包装袋の蒸着用途に採用された実績があります。
詳細はお問い合わせください。

CH-06H

  • 使用温度範囲は、〜+80℃
  • 一次冷却水による冷却機能などの追加が可能
  • ヒーターやポンプ能力、接液部材質などのカスタマイズ可能

加熱温度コントロールを目的とした循環装置

高温度領域をコントロール。

フッ素系熱媒体専用の設計により、+70℃〜+200℃の幅広い高温度領域での正確な加熱温度コントロールが可能です。(熱負荷が戻ってくるような用途には使用できません)

短時間での降温が可能。

冷却コイルに冷却水を循環することで、素早くメンテナンス温度まで下げることが可能です。

リークレスポンプを採用。

循環ポンプはマグネットカップリングタイプのリークレスポンプを使用しているため、液漏れがありません。 また、ポンプ運転にはインバーターを使用していますので、供給電源周波数の影響を受けません。

様々なカスタマイズに対応。

お客様のニーズに合わせて、様々なカスタマイズに対応しております。ご相談ください。

TEXシリーズは加熱温度コントロールを必要とする様々な用途でお使い頂けます。以下はそのほんの一例です。

[食品加工機器向け] 穀物粉の生産ライン。

穀物粉の生産には粉砕機が使用されますが、粉砕刃の回転により粉砕容器内に摩擦熱が発生します。 チラーはその温度上昇を制御することで穀物粉の品質管理に貢献します。

home home home home home home home home